2010年06月17日

お手軽すぎたRTS Armada ― Galactic War

armada01_01.jpg
タイトル:Armada ― Galactic War
ディベロッパー:Pixcel Stream
プレイ時Version:1.2.1
ジャンル:RTS
ARMADAは戦闘に特化したRTSだ。
以前、当サイトでも1試合10分のお手軽RTS Armada Galactic Warとして紹介したことがある。
当時は発売セールに合わせての紹介だったが、時間がたって評価が定まったので予告通り改めてレビューを行う。
続きを読む
posted by トシ at 21:14| Comment(0) | RTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

艦隊vs砲台のTDライクRTS Space Station: Frontier

spacestation01.jpg
タイトル:Space Station: Frontier
ディベロッパー:origin8
プレイ時Version:1.2
ジャンル:RTS
価格:350円
Space Station: Frontierの詳細はこちら(itunes)

宇宙の採掘ステーションの司令官となり、エイリアンと闘いながら資源を採掘するRTS。
砲台・採掘所・発電所など様々な建物を建てられるが、全ては採掘ステーションからエネルギー供給無しには動かない。
敵のバリエーションと対応する砲台の組み合わせが悩ましく、なかなかに楽しめる。
TDゲームの定番の1つ、Sentinel2の世界観を使用したsentinelシリーズの1作。
sentinel2と同様、丁寧に作られていてグラフィックも良好だ。続きを読む
posted by トシ at 01:45| Comment(1) | RTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

Armada Galactic Warプレイガイド

Armadaを紹介したが、他に紹介しているサイトが見つからなかったので基本的なことをまとめてみた。
ゲームの紹介についてはレビュー記事を見ていただきたい。


メニュー画面の操作
armada01_02.jpg
A.R.M.Sでアイテムが購入・装備画面。
Play Onlineで対戦プレイ。
Optionでパン操作の補正、音量調節が可能。
真ん中のロボットアイコンをスライドさせると、Human、Alien、Cyborgの各陣営に自軍を変更できる。
この選択はOnlineプレイ、A.R.M.S画面にそのまま反映される。


ONLINE
ネットワーク対戦を行う。Zingnetとprivateの2種類があるが、チャットなどで示し合わせてプレイするならprivate、通常はZingnetで問題ない。
自動的に対戦が始まる。



A.R.M.S画面
armada02_03.jpg
A.R.M.Sとは、自分の軍隊を好みにカスタマイズできるシステム。
MY INVENTORYにあるアイテムを最大10個まで選択できる。
各陣営ごとに装備アイテムを選択し、保存可能。

アイテムを増やす場合は「GET MORE ITEMS」をタップ。
armada01_09.jpg
アイテム購入画面へ移動する。
全てのユニットに対してHealth(耐久力)、Atk(攻撃力)、Atk Speed(攻撃スピード)、Atk Range(射程)、Speed(移動速度)、Sight(視界)、Armor(装甲)を上げるアイテムがあるが、LV1のユニットにつけるアイテムは安価、逆にLV3のものは高価になる。
購入したアイテムは各陣営共通で使用できる。


ゲームの基礎知識

ユニット
このゲームのユニットは4種類。

Mech(ロボット)…全ての相手に攻撃可能な地上ユニット。資源を採取できる。

TANK(戦車)…地上ユニットにのみ攻撃可能。爆風ダメージがある。

SHIP(飛行機)…すべての相手に攻撃可能な飛行ユニット。

MotherShip(母艦)…母艦、射程の長い飛行ユニット。

各陣営の特徴は以下の通り。

Human:平均的。
armada02_01.jpg
Cybrg:TANKがわずかに高価。
armada01_08.jpg
Alien:SHIPがわずかに高価。
armada02_02.jpg

SHIPはTANKに勝ち(TANKはSHIPに攻撃できない)、TANKはMechに勝ち(量産されるMechを爆風攻撃でいっぺんに蹴散らせる)、MechはSHIPに勝つ(SHIPは戦闘力が低いため、量産されるMechに勝てない)。
MotherShipを攻撃するときもMechの大群が有効だ。



資源の採取について
armada01_10.jpg
資源は緑色のクリスタル付近にMechを配置することで、採取できる。
(採取中は白い光の柱が発生する)
時間あたりに採取できる資源の量は配置しているMechの数に比例し、1箇所の資源地帯では最大9台まで同時に採取出来る(通路が細いとクリスタルにMechが近づけないのでもっと少なくなることもある)。

資源には限界があり、採取し尽くすとクリスタルは小さくなって消えてしまう。


ゲーム画面の操作方法
armada01_05.jpg
画面左上の黄色い枠が「選択」ボタン。
その横がAP(資源)の現在所有量の表示。
右上がメニュー。
左下が全体マップ(ユニットがいる箇所は明るく表示される)
右下が生産ボタンだ。

armada01_04.jpg
メニューボタンを押すと、全プレイヤーの状態が表示される。

armada01_06.jpg
選択ボタンを押しっぱなしにすると、黄色い枠の画面へ。
この状態でユニットをタップすると移動するユニットを選択できる。
スワイプ操作をすると四角い枠が表示され、ユニットの一斉選択も可能。

armada01_08.jpg
生産ボタンでこの画面へ。
ロボット、戦車、飛行機の3種類それぞれ3グレード存在し、高い方が強い。

ユニットのボタンをタップすると、生産予約リストへ(画面下のところ)。
最大6ユニットまで生産予約可能。
APが足りなくても予約可能で、APが十分になった瞬間に生産される。
生産のキャンセルは、予約状態のユニットをタップすることで行う。



基本は以上。
これでゲームがプレイできる。
armada01_07.jpg
ゲームが終了すると、破壊した敵ユニットの数に応じてCreditsが手に入る。
即座に次の試合を行いたければ、Next Matchを選択。
A.R.M.Sで装備を変更することもできる。


アドバイス
・ゲームはクリスタルの側に母艦とMech LV1が2体いる状態で始まる。できるだけ速やかにMech LV1を増産し、資源の採取を早くするべき。採取を行っている印の白い光が出ているか必ず確認すること。
・資源クリスタルは最低でも2つ、できれば3つ保持したい。
・SHIPやTANKのLV1/2はあまり強くない。作るならLV3だけにして良い。
・A.R.M.Sでは、初期はMech LV1を強化すると効果的。必ず生産するユニットなので効率的だからだ。
・初期にMech LV1の大群に攻められてしまう場合、資源をある程度確保したら3機程度TANK LV3を作るといい。これで大概の相手は防げる。
・SHIPは相手を本格的に攻めるときに初めて生産したい。
・初期ならば雑魚を母艦で叩くなど、母艦が戦闘するのも有効。
・資源には限りがあるので、敵が多くのクリスタルを持っている場合早めに奪わないとジリ貧で負けてしまう。


以上。
間違いやさらなるアドバイス、privateマッチのお誘いはコメント欄まで。

Armada - Galactic Warの詳細はこちら(iTune)
posted by トシ at 16:06| Comment(0) | RTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

1試合10分のお手軽RTS Armada Galactic War

armada01_01.jpg
タイトル:Armada ― Galactic War
ディベロッパー:Pixcel Stream
プレイ時Version:1.1
ジャンル:RTS


サイトの改装中だったが、Armada Galactic Warが期間限定セールで安かったので買ってしまった。
AppStoreのUS版の評価もなかなか良かったので、期間限定で115円という安い値段というのもあり買ってしまった。

iPhoneのRTSは値段の高いものか、ブラウザゲームのようなものが無料というパターンが多いが、このゲームは本格的かつ安い。
ということで、まだまだヤリコミには遠いもののセール中に紹介することにした。
A.R.M.Sというオンライン対戦で得たお金でユニットを強化する要素があるので、普通にやりこんでいたら何時まで経っても紹介できない、というのもある。
(ただ、後ほどきっちりレビューするとは思う)


どんなゲーム?
プレイヤーはHuman(人類)、Cyborg(サイボーグ)、Alien(エイリアン)の3陣営のどれかを選択して敵と戦う。
資源地帯から資源を採取し、移動可能な母艦からユニットを生産して敵を攻めてゆくRTS。
相手の母艦の耐久力を0にしたら勝利というルールだ。
armada01_05.jpg
(自分の母艦が攻め落とされる寸前…)

建物の概念はなく、iPhoneの画面に合わせて簡易になっている。
生産できるユニットは大きく分けて3種類。

Mech(ロボット)…空も地上も攻撃可能。資源を採取できる。
TANK(戦車)…地上のみ攻撃可能。範囲攻撃ができる。
SHIP(飛行機)…空も地上も攻撃可能。飛行ユニット。高価。

これに母艦(空も地上も攻撃可能。飛行ユニット)が加わる。
ロボットは安くて便利だが大量に作っても戦車にやられ、戦車は飛行機に手も足も出ない。

飛行機は大量に作られたロボットにやられてしまう。

また、各陣営ごとに多少ユニットの能力にも差がある。
が、このゲームで一番の差が出るポイントはA.R.M.S。

オンラインプレイで得られるクレジットを使用してアイテムを購入し、自分の軍隊をカスタムできるシステムだ。
armada01_09.jpg
特定ユニットの耐久力・攻撃速度・移動速度などを上げることができる。
自分の戦術論に基づいた強力な軍隊を作っていく楽しみがある。
一度にカスタムできるのは最大10個まで。

Play Onlineを行うと、Zing netを使用したオンラインプレイとプライベートなアカウントを知っている相手同士の対戦が選択できる。
wifi、3Gどちらでも対戦可能。
3Gでプレイしたが、快適にプレイできた。
armada01_03.jpg
(対戦開始前のマッチング画面)
armada01_04.jpg
(今のところ、大体戦績が同じ相手と戦えているのでマッチングは戦績を考慮していると思われる)
残念ながら、かなりの強敵とあたってしまうこともある。日本人同士でprivateマッチなどできればいいのだが…。

対戦相手が居ない場合はAgent SmithというCPUが相手をしてくれることとなる。

また、RTSの宿命とも言える操作系の難しさについては、ゲーム内容を簡略化したおかげかそこまで感じない。
ユニット選択についても、同種のゲームの中ではやりやすいと感じた。


有望な要素はあるがまだ不完全なゲーム
1回10分程度で終わるお手軽感が嬉しい本作だが、なんとオフラインモードがない(近日追加予定人のこと)。

チュートリアルもテキストのみ。

armada01_02.jpg
(メニュー画面にはシングルモードがない)

操作系にしても、そこそこ頑張っているが全体マップからの移動、音声と文字以外の視覚的な戦闘警告など、入っていたら嬉しい要素もある。

オンラインも対戦自体は快適だが、マッチングシステムが単なるランダムマッチングだったり、2vs2をサポートしていない。

残念ながら気軽に楽しめる反面、RTSマニアが深く楽しめるほど深いゲームでもないのが現状だ。

公式の発表によると、Version1.2が早いうちにリリースされ、
・wifi接続のない人のためのオフラインモード
・A.R.M.Sのバランスを取るオンラインマッチングシステム
・対戦前の接続の問題の修正

の変更が行われるとのこと。
iPhoneにありがちな、リリースされた後も進化し続けるアプリの様相を呈している。

お手軽RTSとして(10分で終わるRTSが他にあるだろうか)、成長が楽しみな半面不安もかなりある。


こんな人にオススメ
とにかく簡単にできるRTS。
操作には多少の慣れが必要だが、複雑な要素がないのでRTS入門にぴったり。
…といいたいが、オフラインモードがないため初めてのRTSにはまだ荷が重い。
オフラインモードの実装を見越してセール期間中に買ってしまうのはありだろう。

一番おすすめなのは、RTSをプレイしたことがあって初級〜中級者ぐらい。
マニアの要求に答えるような細かい要素はないが、十分楽しめるはずだ。
オフラインモードがなくても、このサイトの説明があれば即座に始められるはず。

ただし、上に書いたようにまだまだ発展途上で不安定な要素はある。

これらを考慮した上で、115円で試す価値があると感じるならば。
RTSが好きならば、お手軽に3G回線でもストレスなく対戦を楽しめるというのはおおきなiPhoneで楽しめるという点は感はたまらない。


実際のところ、私も将来のアップデートを見越して先行投資のつもりで115円で買ったら、思ったよりもよかった、というクチ。


なお、私はtoshiという名前でプレイしているので出会ったらよろしく。

posted by トシ at 23:58| Comment(0) | RTS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。