2010年06月28日

とにかくキレイなFPS N.O.V.A.

nova01.jpg
タイトル:N.O.V.A. - Near Orbit Vanguard Alliance
ディベロッパー:Gameloft
ジャンル:FPS
価格:600円
N.O.V.A. - Near Orbit Vanguard Allianceの詳細はこちら(itunes)

一人称視点のシューティング。
SFの世界観を押し出しており、プレイヤーは異星人の侵略に対抗して戦う。
FPSとしてはスタンダードでソツのないつくりに加え、グラフィックの美しさは眼を見張るものがある。



どんなゲーム?
Gameloftというメーカーは「○○っぽい」オリジナルゲームを作るのが得意なメーカーだ。
GOD of WarっぽいゲームはHero of sprta。
GTAっぽいゲームならGangstar。
そして、「劣化した○○」になることが多かったのだが、去年辺りから目に見えてクオリティが向上し始めた。
nova03.jpg
今回紹介するN.O.V.A.はそんなGameloftが贈る、「HALO」(全世界でヒットを飛ばした人気FPSゲーム)っぽいゲームだ。
FPSとは、一人称視点で敵を撃つアクションとシューティングが合体したジャンル。
自分のキャラクターを動かしつつ、照準を定めて打たないといけない忙しいジャンルで、慣れていないととっつきが悪い(特に日本では人気がない)。
このゲームでも左のレバーで移動しつつ、スクリーンをスワイプすることで照準を定め、右の射撃ボタンで銃を撃つという忙しい操作を要求される。
が、ある程度自動的に照準をあわせてくれたり、一定時間で体力が回復するなど比較的易しいFPSとして調節されているので、アクションが苦手でなければプレイできるようになっている。
もちろん、難易度選択もある。
nova06.jpg
このゲーム最大のうりは美しく、なめらかに動く画面。
nova01.jpg
FPSというジャンルでは処理落ちがあると、照準が合わせづらくなるため良くないとされているが、本当にスムーズに動いていてそんな問題は微塵もない。
さらに、iPhone4以前では最高峰とも言っていいグラフィックを誇る(しかも、3Gでも動く)。
グラフィックが美しいことがSFストーリーの雰囲気を盛り上げる役目も果たしており、ゲームとしても意味を持っている。

ゲームモードはキャンペーンとマルチプレイの2種類。
キャンペーンでは様々なステージを6種類の武器を駆使して戦い、異星人を撃退する。
nova05.jpg
(スナイパーライフルで遠くの敵を撃つ。スコープ倍率まで指定できる)
普通にやっていれば3〜4時間ぐらいかかるだろうか。
FPSのボリュームとしてはそこそこある方だろう。
ストーリーに加えて、コンピューターをハッキングして弾薬・情報を手に入れる要素もおまけ程度にある。
nova04.jpg
マルチプレイはマップを選択しての2〜4人対戦。
対戦は快適だが、チャットがなく、少しあっさりし過ぎている印象。
一人用のアプリとして割りきってやったほうがいいかもしれない。


トシの評価(5段階)
非常にスタンダードに丁寧に作られたFPS。
グラフィックがとにかく綺麗。
エンディングがあっさりし過ぎだが、一応マルチエンドの要素もある。
今回は普通に面白いゲーム+グラフィックの綺麗さを加味して評価してみた。

総合評価3.5(かなり面白い)
操作性が良い
非常に美しいビジュアル
王道SFのストーリー

posted by トシ at 23:05| Comment(0) | シューティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。