2010年06月25日

広い街で無法者を楽しむ Gangstar: West Coast Hustle

gangstar01.jpg
タイトル:Gangstar: West Coast Hustle
ディベロッパー:Gameloft
プレイ時Version:1.2.0
ジャンル:クライムアクション
価格:600円
Gangstar: West Coast Hustleの詳細はこちら(itunes)
体験版Gangstar: West Coast Hustle - FREEはこちら(itunes)

主人公はギャングの手先として様々な犯罪行為の手助けを行う。
街の中ではとにかく自由。
走っている車を盗む、通行人を殺す、盗んだ車が救急車や配達車ならそのまま仕事もできる。
代表的な類似作品としては家庭用のGrand Theft Autoシリーズが挙げられる。
(というか、そのまま)
どんなゲーム?
自由に動き回れる広い街を舞台に、ギャングの手先として主人公が活躍する。
車で人を送り届けたり、対立するギャングを消しに行ったりと内容はほとんどが犯罪。
脱獄し、犯罪組織の後ろ盾が必要な主人公と相棒の話を軸にストーリーが展開するが、この手のストーリーが初めてな人には多少の驚きがあるのではないだろうか。
逆に、GTAなどクライムアクションをプレイしたことがあるのであれば王道ストーリーと言える。
gangstar04.jpg
このゲームの特徴は街が広く、つくりこまれており、いろいろなことができること。
通行人をひいたり、殴り倒してみたり。
ギャングのボスからミッションを受けてもいいし、レースをしてもいい。
犯罪を犯しすぎれば警察に追われるが、それをさらにロケットランチャーで吹き飛ばしてもいい。
そのあたりに止まっている自動車を盗んだりんで走りまわれば、爽快に街をかっ飛ばすドライブゲームにもなる。
gangstar02.jpg
(タクシー強奪。この後、客を拾って仕事をすることもできる。)
どのゲームも奥が深いわけではないので、猛烈にやり込み要素があるわけではないが、なんとなく楽しい。
この空気に馴染めればゲームは楽しいし、馴染めなければイマイチになってしまう。

逆にそれ以外の要素はきっちり造られていてプレイヤーを受け止めてくれる。
難易度は低くもないが、高いわけでもないので大抵の人がクリアできるだろう。
街は広大だが、ミッションを受ければミニマップにマーカー、目的地ナビ機能も充実しており、広大な街で迷うこともない。
通常操作は快適だし、車の操作も3通りから選べるのであまり苦労はない。
ストーリーはちょっとした分岐もあるし、(iPhoneのアプリにしては)ボリュームもある。
日本語訳は自然でかなりいい。
gangstar03.jpg
(左上のミニマップにマーカー、画面上にもマーカー、目的地へのナビはバッチリ)

初心者でも手に取れる、この手のゲームではかなりお勧めの一作。


トシの評価(5段階)
この手のゲームにはちょっとだけ思い入れがある。
社会人になりたての頃、会社でGTA3を少しだけ担当したのだが、大物製品であるにもかかわらず「犯罪ゲーム」ということ、「どの要素も底が浅い」ということでゲームマニアで潔癖なところがあった私は好きではなかったのだ。
ところが、今Gangstarをやってみると楽しめた。
人の嗜好ってのは変化するものだなぁ、と。

さて、先に書いたとおり「犯罪がゲームでも嫌」「ゲーム性」を強く求める方はこのゲームに向かない。
カジュアルに軽い気分で楽しみながらやるものだ。
そのスタンスでプレイするなら、かなり面白い。
600円という値段以上の価値はあるだろう。

総合評価3.5(かなり面白い)
広大な街
ボリュームあるストーリー
操作・ナビが非常に親切
やりたい放題の街。

Gangstar: West Coast Hustleの詳細はこちら(itunes)
体験版Gangstar: West Coast Hustle - FREEはこちら(itunes)


posted by トシ at 20:42| Comment(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。