2010年06月18日

オンラインで気長に対戦 Dominion

dominion02.jpg
タイトル:Dominion
ディベロッパー:Chiringo
プレイ時Version:1.0
ジャンル:戦略シミュレーション
価格:230円
Dominionの詳細はこちら(itunes)

世界を征服する大ヒット戦略ボードゲームRisk(リスク)の亜種。
当サイトで紹介しているLux touch& Lux Deluxはそのストレートな移植。
AppStoreでもリスクゲームの移植は多いが、Dominionは中でもオンライン対戦に力を入れており、オプションルール追加とネットワーク対戦を前面に押し出した一作だ。



どんなゲーム?
リスクという世界征服が目的の戦略ボードゲームの亜種。
前出のリンクのリスク項目に非常に丁寧に説明されているが、一応ここでも解説しておく。
地図上に配置された兵士をプレイヤーが順番に動かして戦争して行き、勝利条件を満たすと勝利となる。
毎回手番の度に領土に見合った兵士が補充されるため、地図を見ながら敵に攻められづらいように上手に兵士を配置して広い領土を維持し、兵士をより多く手に入れることが勝利の鍵となる。
dominion01.jpg
広い領土を敵が手にいれればジリ貧で負けてしまうかと言うとそうでもなく、「カード」というシステムのために一発逆転もある。
カードを使用すると一度に大量の兵士が手にはいるため、多少の劣勢は一気にひっくり返せるのだ。
この戦略要素と一発逆転のダイナミックさが今でもリスクが遊ばれている(なんと、期限は1950年代!)理由だろう。

さて、Dominionは普通のリスクとどこが違うのか。
主だったものでは「Objective」(目標)のローカルルールと「Award」(賞与)、「ネットワーク対応」が挙げられる。
目標とは「相手の首都を占領する」「アジアを占領する」など世界征服よりはだいぶ達成しやすい小さな目標だ。
dominion04.jpg
(どのカラーのプレイヤーがどの目標を達成したか、一覧で見られる)
Dominionではこれを複数(数は設定可能)満たしたプレイヤーが勝利となる。
「目標」を達成するごとに様々な「賞与」を与えられ、「攻撃が有利になる」「兵士の移動回数が増える」など戦略的に賞与を狙うことがゲームの駆け引きに大きく関わってくる。
賞与を手に入れられないと不利が大きくなりすぎるのかというとそうでもなく、リスクのカードの代わりとなる「★」ポイントが賞与を手に入れたターンは入手出来ないことでバランスを取っているようだ。
dominion06.jpg
(目標の取得画面。★をとるか目標達成で賞与をとるか選択式)
なお、「目標」のルールはリスクの亜種として長く愛されているローカルルールであり、長い歴史で生まれたものだけあって面白い。
気に入らなければカードが★になっている以外は通常のリスクと同じルールを選択することもできる。

ネットワーク対応は、当然ネットワーク対戦ができる、ということだ。
対戦相手の検索、対戦相手を適度な強さの相手までに制限するランク制限、パスワードをかけて友人とのみ遊ぶなど基本的な機能があり、安心してプレイできる。
なかでも持ち時間を定めてやりたいペースでゲームが出来ることがすばらしい。
dominion05.jpg
(Timerとなっているところが持ち時間)
持ち時間とは1手終えるまでに待つ最大時間。
なんと、10分から72時間まで選択できる。
真剣勝負で一気に集中してプレイすることも、1日1手ずつさして気長にプレイすることも可能。
社会人でも学生でも楽しく自分のペースでプレイできる。
「もっとリスクをどんどんやりたい!」
というプレイヤーのために、最大で10ゲームまで同時進行可能。
リスク好きならば、この仕様だけでも涙が出るほど嬉しいだろう。

最後に、操作性についてはボードゲームとタッチパネルの操作性は相性がいいので問題なしだが、画面については地味すぎて見栄えが悪い。
もう少し色を選んでも良かったのではないか、といいたくなるがゲームプレイには支障のない程度。


トシの評価(5段階)
英語がわからない場合、リスクが分かっていないとゲームの理解が厳しい。
ひとりで遊ぶだけ、もしくはリスク初心者ならばLux touch(無料)をプレイしてからプレイした方が理解しやすい。
逆にリスクゲームを理解していて好きならば、これ以上はまるゲームはない。
じっくりプレイするプレイヤーから、普通に集中して対戦したいプレイヤーまで受け入れる懐があるし、安定性も高い。
マップは現在5つのみだが、追加予定とのこと。

総合評価3(普通に面白い)
充実したネットワーク対戦
オプションルールの豊富さ。

リスク(Wikipedia、Risk解説&戦略説明)
戦略SLG Lux touch & Lux DLX(当サイト内レビュー)
posted by トシ at 20:50| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。