2010年06月08日

初心者からマニアまで定番TDゲーム ElementalMonstar TD

elemental01.jpg
タイトル:ElementalMonster TD
ディベロッパー:ハドソン
プレイ時Version:1.7
ジャンル:Tower Defense
価格:450円(2010/06/08現在セールで230円)
ElementalMonster TDの詳細はこちら(itunes)

セールになっていたので今更感があるものの紹介。
トレーディングカードゲームの「デッキ」の概念とタワーディフェンスを融合させたTDゲーム。
タワーがモンスターとなっており、プレイ時に一定数以上倒したモンスターはショップで購入することが可能な「コレクション要素」。

手堅く作られており、美しいグラフィックにモンスターの動きのダイナミックさが楽しめる「タワーディフェンスとしての面白さ」。
ステージに合わせて手持ちのモンスターから5体を選んで召喚することができる「ステージ選択前のモンスター選びの戦略性」。3つを無理なく融合させている。





どんなゲーム?
トレーディングカードゲームの「コレクション要素」「デッキ作成の戦略性」とタワーディフェンスを融合させたゲーム。
もともとエレメンタルモンスターというカードゲームから派生しただけあって、総計50ものモンスターが出現する。
特筆するべきはそのタワー=モンスターということ。
モンスターは最初、敵として出現するが最終的には全てプレイヤーがタワーとして配置できるようになる。
普通のタワーディフェンスでは数種類のタワーを使い分け続けるが、ElementalMonster TDでは50種あるモンスターカードから5枚選択するという形でプレイ毎に使うタワーを変える戦略性が生まれている。
elemental02.jpg
(カード選択画面)
モンスターカードはゲームをプレイするごとに得られるGoldで購入が可能。
これによって、トレーディングカードゲームの「コレクション性」と「戦略性」を組み入れているわけだ。
elemental03.jpg

(イラストの美しさもコレクション欲をそそる)

もちろん、タワーディフェンスゲームとしても非常に良くできている。
まずは初心者からマニアまで楽しめるバランス。
初期はモンスターが少なく難易度が高いものの、プレイするうちにモンスターが増えて初心者でも無理なくクリアできるようになってゆく。
上級者は少ないモンスターをやりくりしてゆく楽しさもあるし、クリア後に出てくるExtraモードはモンスターの特性を本当に理解しないと攻略は難しい。
50いるモンスターの属性ごとの相性、特殊能力なども分けられており、強いモンスターほど大きく、配置スペースを確保するのが難しいなど個性がたっぷりだ。
elemental07.jpg
また、グラフィックの美しさも特徴的。
単純に見た目が良いのはもちろんのこと、モンスターがダイナミックに動く様見応えがある。
elemental06.jpg
国内メーカーの作品だけあり日本語のガイドも完璧、操作性も問題なし、画面の見やすさもバッチリと細かいところまで作りこまれている職人芸を感じる一作。

唯一残念なのは後半に手に入るカードのほうが強いため、通常モードでは使い道がなくなってくること。
(Extraモードでは弱いモンスターも使う必要がある)
ただ、50種類もモンスターがいる中では仕方が無いのかもしれない。


トシの評価(5段階)
タワーディフェンス初心者は入門の一作として最適。
上級者もスタンダードによくできたタワーディフェンスをプレイするならこれ。
それぐらい良く出来ている。
普通のタワーディフェンスに飽きた、というのであればあえて勧めないが、タワーディフェンスが好きならばプレイする価値は十分にある。

総合評価4(すごい面白い)
美しいグラフィック。
初心者からマニアまで楽しめるバランス。
情報を把握しやすいように作られた画面。
カードを収集していくコレクション要素。

ElementalMonster TDの詳細はこちら(itunes)




攻略・関連ページ
iPhoneACさんの攻略ページへどうぞ


posted by トシ at 18:21| Comment(0) | タワーディフェンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。