2010年03月30日

Haypi Kingdom Versionup

Haypi Kingdomがこっそりマイナーチェンジされていることに気づきました。

・Convince Skillで説得できる兵士がスキルLV×2%だったものをスキルLV×3%に変更。
・Huntが失敗した場合「Callback successfull!」というメッセージではなく、狩りが失敗したことをメッセージで伝えてくれる。
・mailを返信する時、相手のメール文を本文に保持してくれる(1.4の時点でそうだったらしいが今更気づいた)

ちょっとずつ、便利になっていきますね。

posted by トシ at 19:43| Comment(0) | Haypi Kingdom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

更新について

現在、わかりやすいレイアウトと、記事の書き方を研究しているため月曜までブログの更新をお休みします。申し訳ありません。
って、更新を期待している人もあまりいないかと思いますが…(笑)
posted by トシ at 22:21| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

戦略SLG Lux touch & Lux DLX

今日紹介するゲームは、Lux。
戦略パズルSLGとでも言えるゲームです。

ゲーム自体はとても単純な陣取りゲーム。
IMG_0726.png
マップとPlayerを選択したら、あとは戦うだけです。
(画面は有料版のDLXのもの、touchはAIと最大プレイヤー数が少なくなり、マップは固定になります)

ゲームをスタートすると↓のような画面が。
IMG_0724.png
青色の◯の中に書いてある数が、自軍の兵士数。
違う色はすべて敵の兵士です。
(CPUにとっても違う色はすべて敵です)

ゲームの流れは

1.補充フェイズ
  自分の番の最初に兵士が補充されるので、補充したい自軍の領土をタッチ。
  タッチすると補充されます。
  補充される兵士の数は、領土の大きさ次第。
  戦争フェイズで手に入るカードを3枚以上持っている場合、カードボタンをクリックすることで兵士を多く補充できます。
  後半になるほど(他のプレイヤーがカードを使っているほど)、このとき多くの兵士が補充されます。
  なお、5枚以上カードが有る場合は使わない、という選択肢はありません。

2.戦争フェイズ
  自分の兵士をタッチした後、隣接する攻め込みたい相手をタッチ。
  タッチし続ける限り戦い続けますが、お互いの兵士がランダムに減るので注意。
  当然、兵士が多い方が有利です。
  戦争フェイズに1度でも新たな領地を手に入れると1枚カードが貰えます。
  また、ある色の敵勢力の最後の領地を滅ぼした場合、敵の持っているカードが全て自分のものとなります。


3.移動フェイズ
  画面右にあるボタンを押すと、隣接する自軍の領土に兵士を移動させることができます。
  移動フェイズに入ると戦争はできなくなるので注意!

4.終了。
  敵の番。敵が終わったらまた1に戻ります。


…単純に、敵より多ければ戦争には勝てますが、弱ったところにまた敵がこないよう、陣地の取り方を工夫するところが醍醐味。
敵が攻めて来づらい場所に身構えつつ、いざとなったら攻められるように兵士を移動させる…まさにパズルのようです。

これに、一定のエリアを支配することでもらえるボーナスがさらに駆け引きを熱くします。


エリア図。
North America Bounus:7=North Americaを全て領地にしていると補充フェイズに兵士が7人余分の補充されます。
IMG_0725.png

単純な画面なので、面白さが伝わりづらいのですが論より証拠。
無料のtouchをプレイしてみれば面白さがわかります。

私はtouchからDLXを買ってしまいました…。
DLX版はtouchと比べて追加マップ・マップエディット機能が追加、AIの最大数と能力が増加します。



無料版、Lux touchはこちら

有料版、Lux DLXはこちら
posted by トシ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Quest of Knights Onrush

A Quest of knights onrushは攻め寄せる兵士から城を防衛するゲーム。
敵をフリックしてひたすら投げ飛ばします。

しかし、今回紹介するのはそれではありません。
QuestKnightの無料体験版についてくる、宣伝用のアクションゲームです。

タイトル画面からPLAYを選択し、(Promo game)を選びましょう。
IMG_0707.png
無料で楽しいアクションゲームの始まりです。


ゲームは横スクロールのベルトスクロールアクション。
主人公がひたすらに剣を振って敵を倒して行き、どれだけ先に進めたかを競う単純なゲームです。

1.敵を倒して先に進む。
2.LVUP(HPも全快)
3.1に戻る

というサイクルをひたすら繰り返しますが、これがかなり中毒性あります。
敵の攻撃が激しいため、ガンガン進んで、どんどん敵を倒してLVUPして回復しないと生き延びられません。

しかし、LVUPすると強くなるものの次のLVUPまでより多くの経験値が必要になり、主人公が強くなって爽快なのとは裏腹に次のLVUPのときにはへろへろ。

敵の攻撃が避けづらいため、短時間でゲームが終わってしまうのですがそれが返って気軽に楽しめていいです。
繰り返しプレイする中毒性があります。

IMG_0705.png
↑真ん中の灰色が主人公。結構すぐ死にます。

敵を倒すと、LVが上がるので左上の光っている部分をタップして能力UP。
IMG_0697.png
High Jump(より高くジャンプできるようになる)
Freezer(一定時間ごとに冷凍ビームを撃てるようになる、オススメ)
Power Attack(一定時間ごとに強力な攻撃ができる)
Caster(画面全体攻撃が一定時間ごとに可能、オススメ)
Health Booster(HPの最大値が10%上昇)
Recharge(特殊能力を使った後に回復するまでの時間が早くなる)

これらを取得すると、明らかに主人公がパワーアップします。
最近のアクションゲームは何レベルもパワーアップしてようやく効果が目に見える感じですが、これは明らかです。
High Jumpはかなり高く飛びますし、Freezerは画面外の敵まで届いて凍らせます。

HPをひたすら上げて頑張っても良し、特殊能力がチャージされている時だけ強くなって、次のチャージまで逃げ回る戦いも良し、プレイヤーごとに戦略を組み立てられるのです。
IMG_0700.png
Freezerで凍らせたところ。画面外から弾を撃ってくる敵も凍らせます。

短期間にLVUPと死闘が繰り広げられる快感。
おそらく、長くプレイさせることを前提としたアクションでは得られない楽しさです。
iPhoneアクションゲームの中でも気楽に楽しめる名作だと断言します。
暇つぶしにDLしてみてください。

さて、肝心の本編ですが…。
城を守る、ディフェンスゲーム。
IMG_0695.png
ひたすら敵をタップして上にフリックすると上空に投げ飛ばされて死にます。
高度が足りないと一度では死なないことも…。

IMG_0702.png
面と面の間には、SHOPで買い物して城に大砲を据えたり(緊急回避用のボムみたいなもの)、縄文を強化したり。

体験版では3面までプレイすることができますが、作業ゲームで普通以上には面白くありません。
ひたすらフリックするだけ。
電車でこれをプレイしたら怪しまれるでしょう…。
作業系でそこそこ楽しめるものの、そこまで面白くないゲーム。

本編からスピンオフした無料ゲームは面白くて、本編はいまいち。
これでいいのか。

A quest of knight onrushはこちら(無料です)。

QuestKnightの本編、Knights Onrushはこちら
(i-tuneで見ると意外に楽しそう。
 体験版がない方が売れたんじゃ…
posted by トシ at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

ソングサマナー

さて、今回は前に遊んで楽しめたゲームを紹介しようと思います。

ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律:完全版

古くから伝わる、ファイアーエムブレムタイプのSLGです。
SongSummner1.png
しかし、iPhone/ touchらしい仕掛けが1つ。

iPhone/touchに入っている音楽から、戦士を作ることができるのです。
バーコードバトラー、モンスターファームなどが好きな人にはたまりません。

私はそれらにもろにはまったクチなので…ひたすら戦士を作りまくりました。
普段聞いている曲から、バンド練習の録音まで。
ゲームをちゃんと始める前に3時間ぐらい使って理想の仲間を探しだしました。

出てくるユニットが60種類以上。
しかも、同じユニットでも曲ごとに微妙に能力が違うため、いい曲を探すのに必死。
結局、バンドの練習音源などからいい戦士を作り出していました。

SongSUmmner2.png
↑はお気に入りの戦士。
当時のバンドの音源から作りました。
最後の最後まで活躍。

良かった点
・曲から仲間を作れるので、非常に愛着がわく。
・気に入っている曲が弱い仲間でも、成長させることが可能
・スタンダードで気楽に楽しめるSLG
・日本人にはなじみやすい

悪かった点
・良くも悪くも普通。
・曲が2000曲とか入っていると仲間を作るときにロード時間がかかります。
・難易度が低く、せっかく作った仲間も出撃人数制限であまり出撃させられない

あとは、「音楽をipodで聴いていると、聴いた量に応じて戦士が強くなるポイントが貰える」というアイデアもユニーク。
体験版もあるので、気になればやってみてもいいかと思います。


アプリ入手はこちら

体験版はこちら

公式サイトはこちら
posted by トシ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。